【.htaccess】PHPをHTMLファイル(拡張子「.html」)で実行せる

トップページ > PHPをHTMLファイル(拡張子「.html」)で実行せる

拡張子が「.html」のファイルでPHPを動作させる方法

基本的な設定

AddType application/x-httpd-php .php .html

特定のファイルのみの設定

<Files “example\.html”>
AddType application/x-httpd-php .php .html
</Files>

この設定により、example.htmlでのみPHPのコードが可能になります。

AddHandlerディレクティブに変更

もし、上記で動作しない場合には、
AddTypeディレクティブではなく、AddHandlerディレクティブを設定してみて下さい。

AddHandler application/x-httpd-php .php .html

AddTypeでも、AddHandlerでも動作しない場合には、これらのディレクティブが禁止されている可能性もあります。
その場合には、サーバの管理者に問い合わせてみて下さい。

最後に

通常は、PHPのコードを書きこむのであれば、PHPスクリプト(拡張子「.php」)にすべきですが、
運用上の問題で拡張子を変更できない場合もあります。

そういった場合に、この設定は有効な手段になります。